10/29: 第11回:Wincleオンラインセミナー【輝く人財の創り方】

イベント情報

■日時:10/29(木)19:00 ~ 21:00
■講話者:医療法人社団みつわ会(山形県鶴岡市):佐藤佑樹事務部長

1年前、TOC学会で知り合った佐藤祐樹さん
本セミナーでは「TOC」の話は、ほぼゼロになります。
『TOC』や『MQ会計』などいくら優れた考え方、思想を持ち込んでも
浸透する土壌がないと消化不良になりかねないですね。

佐藤さんと打ち合わせしながら、
不覚にも小学校時代の恩師やこの数年で天国に旅立った叔父や叔母のことを
思い出して涙ぐんでしまいました。

自分のことを信じ切ってくれる大人の存在
何気ない一言が持つ力

佐藤さん自身も最初は勤める気が無かった福祉の仕事を
今は「天職」として捉えているそうです。

スタッフを輝かせる佐藤祐樹さんから「やり方」でなく
「あり方」を是非、学び取って下さい。

https://mitsuwakai-saiyo.com/

【紹介文】
「ありがとう」を言う仕事はありますが、「ありがとう」を言ってもらえる仕事は少ない。
この業界の素晴らしいところは「誰かが喜んでくれる姿を、きちんと見られる仕事」
このように話される佐藤佑樹さんと昨年のTOC学会で知りあいました。
一般的には過酷な職場に感じる介護業界のスタッフさんが自分達のアイディアで
仕事の進め方を改善したり、いろいろなイベントを企画されている発表をお聞きし感動しました。

入社当時は言われたことだけやるという完全なトップダウン組織。
その根付いた風土は簡単に変えることは難しく何度も挫けそうになったが、
利用者さんに直接かかわるスタッフさん同士が協力しやすい仕組みを構築する。
「その人を変えようとするのではなく、自分の対応を変える」ことを心がけたそうです。

介護業界は人材が不足していくと言われていますが
本セミナーでは、障がいを持っている人も輝いて働けて、スタッフが専門的業務に専念できる。
そういったモデルケースづくりに励んでいる佐藤さんより
どのように環境を整え、
どのようにスタッフに関わっているかを話して頂きます。

【佐藤佑樹:プロフィール】
簿記・経理専門学校卒業後、新潟県内の大手電子部品メーカーに勤務後、
平成13年に「みつわ会」へ。
障がいのある方にとって働きやすい職場と認定された「山形県障がい者雇用優良事業主」
である医療法人社団みつわ会の事務部長。
事務仕事に携わりながら現場をみて、介助援助するスタッフたちの凄さに気づくが、
当の本人達は自分たちの価値に気づいていないことに気づく。

介護業界のイメージを変える様々な試み行うことで、
「やれるかどうかわからないけれども、やったらおもしろいよね」というアイデアが
スタッフから飛び出し、具現化するようになった。

おじいちゃん、おばあちゃんに関わることが好きとか、
困っている人を見て見ぬふりはできないとか、
少しでもそういう経験があれば、
この業界に興味を持ってもらいたいと思っている。

お申し込みはこちらからどうぞ!
https://wince-online-011.peatix.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました