「のっぽくん」のニューズレターより

2020年3月号のタイトル「免疫力は高ければいいわけではない・・・???」
に目が釘付け!
えっ、高い方がいいんじゃないの?

かいつまんで解説すると、
「人は菌でなりたっている。」
ブタの実験によると、戸外で泥まみれの生活をさせるのが一番健康で、清潔な環境(個室で定期的に抗体物質)で育ったブタが一番、不健康になった。
ドイツの調査例では、ピロリ菌を持っていない子は持っている子よりも3倍、お腹を壊しやすい。

人類は不潔なものを取り除けば健康になれると思い込んできたが、逆にアレルギー症状を起こす人を増やしてしまっている。
ある村で寄生虫を薬で駆除したら、村の子にアレルギーが激増した。

強い免疫力は菌やウィルスとセットになってはじめて正常に働く。
具体的対策:
①除菌にはリスクが伴うことを知る。
②昔ながらの菌が多い食品をとる。
 100年以上使い続けている杉樽で仕込んだ味噌や醤油、甘酒、お酢。
③微生物の多い土の上で育った野菜を食べる。

のっぽくんサイト
http://noppokun.co.jp

自然界の力はすごいですね。自然を舐めるから人間はしっぺ返しをくらう。

ブログ
wincleをフォローする
人材育成・企業研修・経営コンサルティングの【ウィンクル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました