愛なのか、数字なのか?

TBS番組「がっちりマンデー」の2019年の最終回
優秀な店長(幹部)に求められる能力として、ニトリの似鳥会長が強調したのが「数字に強いこと、論理的に考えられること」ディスカウントスーパー:オーケーの二宮社長も同意した。
対して、ゴディバジャパンのジェローム・シュシャン社長が反論した。「商品に対する愛情、チームワークが大事」

両社ともに客数、業績を伸ばしている会社。一体、どちらに学べば良いのか?
私なりの結論は、取り扱っている商品と客層によって区別すれば良い。自分へのご褒美、人へのギフト対象ともなる商品であるならばゴディバの考え方
一方、コスパや値段の安さを求めるお客を相手にしているならば、ニトリの考え方が良いと思う。

あなたはの会社が目指しているのは、どちらですか?車なら「愛機」、「愛すべき◯◯」と呼べる商品・サービスならば、ゴディバの考え方の方がお客様に響くと思う。ギスギスした雰囲気の店から贈答品は買いたくない。
とはいうものの、ゴディバでも数字をおろそかにしている訳ではないと思う。

2020年の研究テーマは「感情と数字」

ゴディバHPはこちらより

ブログ
wincleをフォローする
人材育成・企業研修・経営コンサルティングの【ウィンクル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました